【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた チンジャオ娘×すぺしゃるじー

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた3話ネタバレ

投稿日:

 

『 【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

サイト内検索⇒【 行き遅れBBA

 

 

 

第3話あらすじ
行き遅れ女上司はレ○プ同然にハメても大丈夫

 

田中

(よーし昼休みだ)

 

会社で仕事をしている田中。

 

そんなことを思っていると、コツコツとヒールの音をたてながら沢村主任がやってきたのでした。

 

沢村主任

「田中君ちょっといいかしら?」

 

田中はドキッとし、いつもの様に怒られるかと思っていると、いつもと違い、怒ることのない沢村主任。

 

先日の件は、お互いこれっきりということになり、その日の朝に別れたのでした。

 

そして一週間、まるで何事もなかったかのようにただの上司と部下として過ごしていましたが…。

 

沢村主任

「あら?」

「あなたまたそんな栄養の偏ったもの食べてるの?」

 

明らかに沢村主任はあの夜のことを意識している様子。

 

ボディータッチが多くなり、田中への態度も優しくなっていたのでした。

 

沢村主任

「なんなら今度‥‥」

「私が何か作って―」

 

沢村主任がそう言いかけると、田村は「彼女から電話が来た」とその場から逃げ出します。

 

そして実際にデートの約束を取りつけるのでした。

 

しかし…。

 

田中

(………………)

(フ フラれた…!!)

 

雨降りしきる中、立ち尽くす田中。

 

彼女とホテルインした田中は、彼女でイクことができなかったのでした。

 

田中

「そ‥そうだ!今日は生でヤらせてよ!それならきっと―‥‥」

 

田中がそう言うとパチィンと、彼女は田中を平手打ち。

 

そのままフラれてしまったのでした。

 

全ては沢村主任とヤッたせいだと逆恨みした田中は、夜中に沢村主任の部屋を訪れます。

 

沢村主任

「ちょっとずぶ濡れじゃない!」

「待ってて いまロック開けるから」

 

そして部屋へと上げてもらうと、沢村主任のパツンパツンの胸が目に入る田中。

 

田中

(このBBA……)

(クッソエロいじゃねーか!!)

 

田中はそのままガバッと沢村主任を押し倒します。

 

ビンビンになったあそこを取り出すと、拒否しようとする沢村主任の唇をブチュゥゥゥ♥と塞いでしまったのでした。

 

―――パンッパンッパンッ

 

そんな音が鳴り響く室内。

 

田中はバックの体位でその音を出していたのでした。

 

沢村主任

「ああ♥」

「だめ!だめよぉ!」

 

沢村主任のそんな言葉はもはや田中の耳に届きません。

 

田中

(ああこれだ…!!)

(やっぱりこのマ○コだ…!!)

 

別格のそのマ○コを堪能する田中。

 

沢村主任

「こんなのイヤ…!ああっお願いよ田中君…!」

 

そう言う沢村主任に対し、田中はこの一週間、沢村主任が誘うような態度をしてきたことに言及します。

 

そして罵倒染みた言葉責めをしながら…。

 

田中

「‥くっそなんだよこのエロい身体は!チ○ポに吸い付いてくるようなマ○コは」

「こんな女知っちまったら、他の女で満足できるわけねえだろ…!!」

 

―――ドプン♥ビュルルッ♥ビュー♥

 

そのまま中○ししてしまう田中。

 

ほどなくして冷静になり…。

 

田中

(ヤベェ…何やってんだ俺…)

(ヤケになって上司をこんな…レ○プみたいに……)

(終わった…俺の人生)

 

そう考えるのでした。

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

サイト内検索⇒【 行き遅れBBA

 

 

しかし…。

 

沢村主任

「やっと…酔いが醒めた?田中君…」

「何か…あったのよね?」

「話してごらんなさいよ」

 

沢村主任はそんな田中を責めることなく、受け入れてくれたのでした。

 

正直に彼女に振られたことを話す田中。

 

沢村主任

「て まったく!バカじゃないのあなた!?」

 

そんな田中をそう軽く叱責しますが、それだけで沢村主任は許してくれたのでした。

 

田中

(なんだかんだ言っても許してくれるんだ…)

(はぁ~…おばさんってチョレ~ですな~……)

 

田中がそんなことを思っていると、沢村主任が彼女とヨリを戻すまで代わりになっていいと提案します。

 

田中

「ああ主任っ!最高です主任!!」

 

たまらず襲い掛かる田中。

 

沢村主任

「やっ イヤ…名前…名前で呼んで♡」

 

田中

「沢村さん…!いや…秋子!」

「秋子!秋子ぉぉぉッ♡」

 

田中は会社の上司をセフレに出来たと喜ぶのでした。

 

~つづく~

 

「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」第3話の感想

 

沢村主任の身体を知ってしまった田中は彼女じゃ満足できない身体になっちゃったんですね…!

 

その影響で、彼女にフラれた田中はその足で逆恨みからのレ○プと…!

 

しかし、やっぱり思った通り、沢村主任は全てを包み込む様に許してくれちゃいましたね。

 

そんな主任をチョレ~とか言っちゃう田中は…もう…(笑)

 

でも結局そのまま沢村主任に、秋子さんに惹かれていく展開ですよね、これ。

 

さて、そんな次回は改めてそういう関係になった二人は仕事終わりにこっそりラブホに行く様で…?

 

酔いも自棄もないエッチは初めてなので、どういうエッチになるのか楽しみですね!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

サイト内検索⇒【 行き遅れBBA

 

-【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた, チンジャオ娘×すぺしゃるじー

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品あらすじ無料試し読み , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.