【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた チンジャオ娘×すぺしゃるじー

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた5話ネタバレ

更新日:

 

『 【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

サイト内検索⇒【 行き遅れBBA

 

 

 

第5話あらすじ
行き遅れ女上司は看病に来て性欲処理もしてくれる

 

田中

「はっ‥」

「くしょ――いっ!!」

 

風邪をこじらせた田中は、三日間ほど会社を休んでいたのでした。

 

すると、そんな田中の部屋にピンポーンと誰かが訪ねてきます。

 

田中

「なんだろう……もしかして彼女が看病に……」

「なわけないか まだケンカ中だしな…」

 

そう言いながら、ドアを開けると、そこには秋子さんが立っていたのでした。

 

田中

「えっ…どうしてウチに……?」

 

秋子の目的はもちろん、田中のお見舞い。

 

ろくなものを食べていない田中を見かね、お粥を作ってくれます。

 

田中

(ほ…ほわぁぁ―――――――!!)

 

出来上がったお粥を前にし、そう感動する田中。

 

そしてそれを口にすると、その味にさらに感動を覚えるのでした。

 

秋子さん

「ほら、慌てないで食べなさい」

 

慌てて食べて咳き込む田中にそう言う秋子さん。

 

そんな秋子さんに、三日会社を休んだことを田中は謝罪するのでした。

 

秋子

(風邪で弱気になってるのかしら……?)

 

秋子さんは、そんな田中を見て、そう思います。

 

秋子

「他になにかして欲しいことあったらなんでもいいなさいよ」

 

そしてそう言う秋子さんに田中は甘え…。

 

田中

「あ―――…」

「んっ」

 

ぱく♥と秋子さんの胸にむしゃぶりつく田中。

 

田中のお願いは秋子さんによる授乳手コキだったのです。

 

田中

「風邪引いてから一度もヌいてなくて…」

「沢村さんが来てからずっと勃○しっぱなしで辛かったんです……」

 

秋子

「もう…だったら早く出しちゃいなさい…そしたら早く眠るのよ?」

 

そんな田中に呆れながらも優しく授乳手コキしてあげる秋子さん。

 

秋子

「フフ…赤ちゃんみたいに夢中で吸っちゃって……♡」

「こんな情けない姿彼女に見られたら幻滅されちゃうわね?」

 

しかし、新卒から田中のかっこ悪いところを見て来たと言う秋子さんにとっては、この程度今更だと言うのでした。

 

―――シュ♥シュ♥ニチャニチ♥

 

いやらしい音を立てながら手を上下にさせる秋子さん。

 

田中

「あっあっ ひゅ…ひゅにんっ♡ひゅにんッ…♡」

 

―――ビュウウウウゥ――ッッ♥

 

そしてほどなくして田中は射○したのでした。

 

秋子

「いっぱい出たわね♡」

「おつかれさま」

 

秋子はそのまま田中を寝かせようとしますが、田中はまだ物足りない様子。

 

秋子

「もう―…あなたって人は……」

「これでいいの?」

 

そんな田中と手を絡めながら、秋子は田中の上に跨り騎乗位の体位になったのでした。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

サイト内検索⇒【 行き遅れBBA

 

 

秋子

「じっとしてるのよ?今日は私が動いてあげるから……」

 

秋子さんは、そのまま田中の手を自分の胸へと導きます。

 

田中

(ああ…ひんやりおっぱい気持ちいい…)

 

そしてそのまま田中は秋子さんの両乳首を同時に吸い始めたのでした。

 

タンタンタンと、秋子さんが腰を上下にさせる音が部屋に響きます。

 

秋子

「んっ…♡ガマンできなくなったら好きなときに…出しなさいね………♡」

 

そんな秋子さんの包容力溢れるエッチに田中は心が安らぐのでした。

 

田中

(これが大人の――)

(年上の女性の―……)

(包容力なのか♡)

 

そして田中はそのまま…。

 

田中

「ああああッ!!!」

「イクッ――!!!」

 

―――ビュッ ビュゥゥ――ッ♥ビュルルゥ――ッ♥

 

秋子さんは射○を終えた田中の顔に優しく触れたのでした。

 

秋子

「うん…」

「熱…引いたみたいね♡」

 

そして田中の部屋から帰ろうとする秋子さん。

 

秋子

「大事をとって明日も休むのよ?」

「仕事片付けたら様子見に来てあげるから」

 

秋子さんは優しくそう言うのでした。

 

秋子さんがドアノブに手をかけると田中はあることに気づきます。

 

田中

(あれ…そういえば今日って)

 

田中は秋子にそのことを確認しようとしますが…。

 

秋子

「なに?」

 

そう聞き返されると、そのまま聞くのをやめ、秋子にお礼だけを言ったのでした。

 

秋子がいなくなり、部屋に一人取り残された田中。

 

田中

(そういえば俺――今日ゴムしてたっけ…?)

 

そう思うのでした。

 

~つづく~

 

「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」第5話の感想

 

今回は完全に年上の女性の魅力にあふれた回でしたね。

 

そもそもこの作品自体、終始こういう展開になるんじゃないかな?って私は思っていたのですが、これまで結構ゲスな田中にヤラれっぱなしの秋子さん。

 

そこからやっと今回、田中が風邪で弱ったことで、優しい秋子さんが前面に出てきた感じでしたね。

 

最後、ゴムをしてなかったことに気づいた田中でしたが、どうやら秋子さんの様子を見る限り、わかっててそうした様子。

 

多分この秋子さんのことですから、仮に赤ちゃん出来ちゃっても一人で育てていくつもりなのでしょうね。

 

強くて優しい女性は、女性からしても魅力的です。

 

そして次回は遂に会社でこっそりしてしまうようで…?

 

そうですよね…こういう設定だったらそのシチュのエッチはありますよね…!

 

次回どんなこっそりエッチになるのか楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

サイト内検索⇒【 行き遅れBBA

 

-【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた, チンジャオ娘×すぺしゃるじー

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品あらすじ無料試し読み , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.