← 最新のネタバレを即座にお知らせ♥

チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第2話ネタバレ

投稿日:

 

 

『 【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

 

第2話あらすじ
中に出したけど親子じゃないから問題ないよな

 

もはや後先を考えないお父さんは、陽葵ちゃんの『光があたらないところ』を見たい衝動に駆られ、
嫌がる陽葵ちゃんのパンツを十何年ぶりに脱がせたのでした。

 

部活帰りの陽葵ちゃんの

『ムワ‥』

としたアソコ。

 

そこは立派に毛が生い茂っていました。

 

お父さんは、

『くり‥くり…くり‥』

とそこを弄りながら、感じる陽葵ちゃんの姿に立派に『メス』に育ったことを確認します。

 

「やめて…」

と拒否しながらも感じてしまう陽葵ちゃん。

 

その声は届かず、お父さんは二つの穴を『さすさす』と擦り始めたのでした。

 

 

思わず陽葵ちゃんが嬌声をあげると、その声に興奮したお父さんは遂に

「入れるわ」

と言い始めます。

 

「私の知ってるお父さんはこんなことしない」

と言う陽葵ちゃんでしたが、もはや陽葵ちゃんの知るお父さんではなく遠慮なく挿入してきます。

 

「痛い痛い痛い痛い!!」

と叫ぶ陽葵ちゃんでしたが、お父さんは全く気遣うことはなく、その穴を凌辱していくのでした。

 

もはや陽葵ちゃんを、『娘』ではなく『女』と意識する様になったお父さんは、その身体のエロさに気づきます

 

そして、そのギチギチの穴を楽しんだお父さんは…。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

 

お父さん

「おっ…出る…っ………っ!」

 

そのまま中○ししてしまったのでした…!

 

しかし、お父さんはまだ満足はしていなかったのです。

 

~つづく~

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第2話の感想

 

もはや陽葵ちゃんが慕っていたお父さんはどこへやらでしたね…!

 

拒絶の言葉や悲鳴、またお父さんをそれでも信頼している様な陽葵ちゃんの声は全く届くことなく、欲望のままに凌辱。

 

 

第2話は結構凌辱色の強いお話だったと思います。

 

ただし、陽葵ちゃんが言葉以外の抵抗は見せなかったので、押し倒したこと以外の暴力は全くなく、そういった要素が苦手な方でも見られる内容ではあったと思います。

 

逆に、リョナ好きの方にはちょっと物足りないのかも知れませんが…(笑)

 

私的にはこの程度が好きかな…。

 

次回はどうやらお父さん我に返るみたいですね。

 

元々、陽葵ちゃんがあんなに懐く程の優しいお父さんだったのでしょうから、そんなお父さんがどういう行動に出るのか楽しみですね!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

← 最新のネタバレを即座にお知らせ♥

-チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品, 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品あらすじ無料試し読み , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.