チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第4話ネタバレ

更新日:

 

 

『 【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

 

第4話 あらすじ
私、お父さんとずっと一緒にいたいから

 

陽葵ちゃんの言葉で出頭を取りやめたお父さん。

 

でしたが、一晩明けて陽葵ちゃんの考えが変わっていれば、その際は出頭しようと決めていました。

 

しかし、陽葵ちゃんからかけられた言葉は…!

 

陽葵

「お父さん…お父さんの気持ちいいことしてあげる……」

 

お父さんとずっと一緒にいたい陽葵ちゃんは、お父さんが警察に行ってしまうことが嫌だと、

『本当に許していること』を示すためにお父さんのおち○ちんを握ったのでした。

 

授業中にスマホで勉強したという陽葵ちゃんは、お父さんのおち○ちんを手で口で

『ちゅっちゅっ♡むちゅ♡』

と刺激したのでした。

 

そして、遂には

『じゅぷっじゅぷっじゅぷっじゅぷっじゅぷっ』

と口の中に入れ、刺激する陽葵ちゃん。

 

その刺激にお父さんはすぐに

『びゅくっびゅくっ』

と果ててしまったのでした…!

 

「出しちゃった…お父さんの……」

と言いながら、出した後のおち○ちんに舌を這わせる陽葵ちゃん。

 

気持ち良かったことを確認すると、お父さんに家へいてもらうため、

「ずっとやってあげる」

と言うのでした。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

 

その後、お母さんが旅行から帰ってきたあとも、陽葵ちゃんはお母さんの目を盗んでは、こっそりフ○ラをしてくれたのです。

 

 

そしてある日、クラスの友達におち○ちんをおっぱいでも擦れると聞いた陽葵ちゃんは、自身の大きな胸でやってみたいと言うのでした。

 

お父さんは もちろん快諾。

 

すると、

「やったあ!」

と陽葵ちゃんは喜び、シャツを上げて下着を露出させます。

 

そして未だ成長中の胸を露出させ、お父さんにその重さを確認させます。

 

陽葵ちゃんは、今度今のサイズに合う下着を一緒に買いに行くことを、お父さんに約束させると、自身が見た『えっちビデオ』と同じ様に

『むにゅっ』

と挟みます。

 

まだ触れているだけでも、十分気持ち良い陽葵ちゃんの大きな胸。

 

さらに陽葵ちゃんは

『たぱんったぱっ』

とその胸で擦り始めたのでした。

 

するとそのあまりの気持ち良さにすぐに

『ドビュゥッ』

と出してしまうお父さん。

 

えっちビデオと同じように出せたことに「やったやった!」と無邪気に陽葵ちゃんは喜ぶのでした。

 

そして、また陽葵ちゃんは

「お父さんが家にいてくれるなら毎日やってあげるから!」

と、お父さんのおち○ちんを手でさすりながら言うのでした。

 

『びゅるるるるるっ』

 

~つづく~

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第4話の感想

 

今回のお話からは全く凌辱色がなくなりましたね。

 

むしろ今回からは戸惑うお父さんに対し、積極的に、そして無邪気にえっちなことをする陽葵ちゃんといった感じでした。

 

陽葵ちゃんの楽しそうにお父さんのおち○ちんを可愛がる姿は、結構好きな人多いんじゃないでしょうか?

 

最近この手のジャンルが結構人気になってるの見かけます。

 

 

イマイチまだ言語化されていないジャンルの様ですが、無邪気ものとでもいうのでしょうか?

 

そして、次回は陽葵ちゃんの方もお父さんとのエッチに女の悦びを覚える様になるみたいで…?

 

こうなってくると、お父さん、若い性欲についていけるのでしょうか…?

 

むしろお父さんの方が心配になりますね…(笑)

 

 

そんな次回が楽しみです!

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

-チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品, 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品あらすじ無料試し読み , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.