← 最新のネタバレを即座にお知らせ♥

チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第5話ネタバレ

投稿日:

 

 

『 【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

 

第5話 あらすじ
身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて

 

陽葵ちゃんは

「この前の感情のままじゃ嫌」

と、お父さんに入れることを要求します。

 

セックスが気持ちいいらしいと聞いていた陽葵ちゃんは、それも知りたかったのです。

 

今度は無理矢理ではなく、優しく後ろから

『ずずずず…』

と挿入していくお父さん。

 

辛そうな陽葵ちゃんを気遣い、いったん抜くことを提案しますが、陽葵ちゃんは

「びっくりしただけ」

と、抜かない様に言うのでした。

 

その声にお父さんは、陽葵ちゃんを「かわいい」と褒め、女の子ではなく女性になったと言います。

 

 

一方、褒められた陽葵ちゃんは、お父さんにキスをおねだり。

 

子供の頃の様なほっぺへのキスではなく、口へのキスをおねだりしたのでした。

 

陽葵ちゃんのリクエストに答え、お父さんがキスをすると陽葵ちゃんは「好き」と言い出します。

 

好きだからこそお父さんにどこへも行ってほしくないという陽葵ちゃん。

 

そんな陽葵ちゃんをお父さんはバックから

『ずっぷずぷっ』

と突きまくり…。

 

『どぴゅうっ』

 

そのまま中に○したのでした。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

しかし、陽葵ちゃんは

「まだ終わりじゃないよね」

と、もっとエッチの継続をリクエスト。

 

「やってみたいのがある」

と言うのです。

 

そのしたいこととは『騎乗位』。

 

この方法だったら、お父さんが疲れていても、自分で勝手にやってもいいと試してみたかったのでした。

 

上から自分で入れるとすんなり入ってしまう陽葵ちゃんの穴。

 

そのスムーズさに、

「私、穴広がったのかな」

と、喜んだ様に言うのでした。

 

 

そして、初めての騎乗位に悪戦苦闘しながらも、徐々に慣れ、自分でやる気持ち良さに気づきます。

 

さらに陽葵ちゃんは自分の気持ち良い所を発見。

 

そこを中心に

『ずちゅっずちゅっ』

と激しく擦るのでした。

『びゅぶっ!!』

するとお父さんはまた陽葵ちゃんの中に果ててしまいます。

 

そして、自分のお腹の中にあるお父さんの熱さを感じながら、だんだん気持ち良いのがわかってきた陽葵ちゃんは

「毎日エッチしないと♥」

と言うのでした。

 

~つづく~

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第5話の感想

 

前回からそうでしたが、陽葵ちゃんがもう積極的ですね。

 

今回初めてちゃんと言語化しましたが、お父さんのことが「好き」な陽葵ちゃんは、もう完全にエッチの楽しさと気持ち良さに目覚めちゃった感じですね。

 

お父さんのことは好きですし、そもそも気の置けない仲なので、遠慮なくエッチなことも要求しちゃうと。

 

作品冒頭のお父さんべったりな陽葵ちゃんが戻ってきて、エッチな方面にそのべったり感を出してる感じですね。

 

もはやお父さんは陽葵ちゃんにやられっぱなしなのもなんかいいです…!

 

 

さて、次回はお母さんに隠れてエッチ、寝てる横でエッチ、みたいな流れになる様です。

 

楽しみですね!

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

← 最新のネタバレを即座にお知らせ♥

-チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品, 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品あらすじ無料試し読み , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.