チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第7話ネタバレ

投稿日:

 

 

『 【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

 

第7話あらすじ
親子でAV鑑賞して父親チ○ポで娘の性教育

 

ある陽葵ちゃんと二人でAVを見ることにしたお父さん。

 

散々陽葵ちゃんとエッチをしてきたお父さんでしたが、やはり思う所があったのです。

 

お父さんの横からスマホに映った3PもののAVを見る陽葵ちゃん。

 

年頃の陽葵ちゃんはやはりこういうものに興味津々。

 

お父さんなら変わったえっちの動画知ってるんじゃないかと聞いてきたのでした。

 

 

しばらくすると、お父さんのあそこが立ってきていることに陽葵ちゃんが気づきます。

 

そして陽葵ちゃんは

「やっていい?」

と聞き、ズボンからおちんちんを出し、しごき始めたのでした。

 

AVと同じ様に

『ちゅくちゅく…』

としごく陽葵ちゃん。

 

すると、ほどなくして…。

 

『びゅるるるるっ』

 

「出たぁ」

と喜ぶ陽葵ちゃん。

 

AVの通りにやった陽葵ちゃんは、あっという間にお父さんを射○させてしまったのでした。

 

そして

「こっちも上手になってるはず…」

と陽葵ちゃんが次に始めたのは本番。

 

しかも、陽葵ちゃんがおこずかいで買ってきたコンドームを使ってのエッチでした。

 

「今さらだと思う」

というお父さんに対し、保健の先生に言われたことを力説する陽葵ちゃん。

 

陽葵ちゃんはLサイズのコンドームをお父さんに付けてあげると、

「コンドームち○ちん…初挿入…っ」

と対面座位で入れてしまいます。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

そして、コンドームの感想を求めると、

「お母さんとコンドーム付きでしょっちゅうやってた」

と答えるお父さん。

 

AVでやっていた様に始めようとする陽葵ちゃんでしたが、激しくないのに気持ち良さそうだったAVの感じがわかりません。

 

すると、

「激しければいいってものじゃないからな」

とお父さんは陽葵ちゃんの乳首をカリカリと指で刺激し始めます。

 

敏感な所を集中的に刺激すればいいと気付いた陽葵ちゃんは、自分でもクリを弄り始めたのでした。

 

おち○ちんで下から突き上げられながら、気持ち良い所を刺激していると、お互いすぐにイキそうになり…。

 

『グビュッドクドクドクドク』

 

二人は一緒にイッてしまったのでした。

 

AVを参考にしたエッチに満足気な様子の陽葵ちゃんでしたが…。

 

陽葵

「じゃあ早く次やろっ」

 

まだまだヤリたらない様子だったのでした。

 

~つづく~

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第7話の感想

 

お父さんの色々な思惑とは裏腹に、完全に陽葵ちゃんペースですね…(笑)

 

多分、お父さんはAVを見せてもうちょっと自制してもらおうと思ったのでしょうが、逆効果でした…。

 

結局AVのまねっこエッチを始めた2人でしたが、見様見真似のAV技で二人ともいつも以上に感じてイッちゃったと。

 

お父さんとって言うのがあれですが、恋人同士の関係とすると、仲が良くて羨ましい関係ですよね。

 

こういう楽しそうにエッチする恋人関係ってちょっと憧れます。

 

お父さんも何だかんだ陽葵ちゃんに付き合ってあげてますしね。

 

 

さて、次回は陽菜ちゃんに求められるのはもちろん、なんとお母さんと久々のエッチに…?

 

そっちもちょっと気になりますね…!

 

次回が楽しみです!

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

-チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品, 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品あらすじ無料試し読み , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.