← 最新のネタバレを即座にお知らせ♥

チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第11話(最終話)ネタバレ

投稿日:

 

 

『 【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

 

第11話(最終回)あらすじ
私、お父さんと会うために産まれてきたんだね

 

陽葵ちゃんとお父さんは約束通りラブホに来ていました。

 

もちろんお母さんにはナイショ。

 

お父さんは、量販店にでも行くというつもりでしたが、陽葵ちゃんが変わりにお母さんに伝えておくと言ったのです。

 

そんな陽葵ちゃんは、いつもにもましてにやにやしていたのでした。

 

 

『ずちゃっずちゃっ』

という音を部屋に響かせる二人。

 

景色の綺麗ないい部屋を借りられた事に陽葵ちゃんはご機嫌です。

 

ご機嫌な陽菜ちゃんは、下だけでなく、口にも欲しいとおねだり。

 

お父さんはキスをしながら腰の動きを速めると、ほどなくして射精感が襲ってきて…!

 

『ぐびゅるるるっ』

 

今までに見た事のない様な量を、陽葵ちゃんの中に注いだのでした。

 

 

まだまだし足らない二人は、そのまま二回線を始めます。

 

その幸せな時間に、

「私お父さんと会うために生まれてきたんだね」

そう陽葵ちゃんは言い出します。

 

お父さんがそれを肯定すると、さらに

「お父さんとえっちするために」

大人になったという陽葵ちゃん。

 

そのかわいさに、お父さんは腰を強めるのでした。

 

『ずちゃっずちゃっずちゃっずちゃっずちゃっ』

 

正常位で激しく突かれ、『ゆさっゆさっ』と陽葵ちゃんの大きな胸は揺れます。

 

 

そして…!

 

『ドプンッ』

 

二人は一緒にイッたのでした。

 

陽葵

「お父さん…私お父さんのことが好き…」

お父さんが陽葵ちゃんの中からおち○ちんを抜くと、陽葵ちゃんがそう言い出します。

 

それは、親子の好きではなく、

結婚したい”好き”

 

陽葵ちゃんは、血の繋がりのないお父さんに

「奥さんになりたい」

と言うのでした。

 

 

一方、形だけでも親子の二人、またお母さんという存在があるお父さんはそれに難色を示します。

 

しかし、陽葵ちゃんは

「作戦考えたから…」

と笑うのでした。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

『やはり俺は自分から姿を消すべきなのかもしれない』

そう密かに決意を固めながら、ラブホを出たお父さん。

 

陽葵ちゃんと共に帰路につくと、陽葵ちゃんは

「うぷぷ…」

と笑い出します。

 

そして、家に入ると、その変な笑いの理由がわかったのでした。

 

帰るなり、お母さんの部屋の扉を開ける陽葵ちゃん。

 

すると、そこには、あの西尾とエッチ中のお母さんがいたのでした!

 

「一週間出張のはずじゃ…」

と慌てるお母さん。

 

陽葵ちゃんはお母さんに、そう嘘を伝えていたのでした。

 

陽葵ちゃんはしらばっくれて、二人の不倫を責めます。

 

 

そして『カシャッカシャッ』とその現場をスマホで撮影。

 

すると、西尾は

「刑務所から出てきたばっかりで面倒ごとは困る」

と土下座して、その場から消えたのでした。

 

 

部屋に残されたのはお母さん。

 

そんなお母さんに、お父さんは

「これからどうするつもりなんだ?」

と問いただします。

 

その後、お父さんとはお母さんと離婚。

 

家から出て行ってもらうことになったのです。

 

作戦通り、お母さんを排除し、二人になった陽葵ちゃんとお父さん。

 

陽葵ちゃんが

「イシャリョーとかもらってもいいんじゃないの?」

と聞くと、お父さんは

「いいんだよ、そんなもの」

と言うのでした。

 

お父さんにとっては、色々あっても陽葵ちゃんを生んでくれたお母さん。

 

せめてそこには敬意を払いたいと言うのです。

 

お父さん

「これからも一緒に暮らそうな」

お父さんが陽葵ちゃんを抱えあげそう言うと、陽葵ちゃんは

「うんっ!」

と笑顔で答えたのでした。

 

~END~

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第11話(最終話)の感想

 

大団円というわけではありませんが、ハッピーエンドで終わりましたね!

 

最初は自暴自棄になったお父さんのレ○プから始まった物語。

 

しかし、元々お父さんにべったりだった陽葵ちゃんは、むしろそれをキッカケにお父さんに積極的にアピール。

 

最終的に、お父さんの奥さんになるために、裏切り者であるお母さんを排除するというお話になりました。

 

 

小桜クマネコさん×チンジャオ娘さんのタッグは、前回の「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」と言い、ハッピーエンドになりますね。

 

このタッグの場合、紆余曲折はあっても、今後もハッピーエンドを期待してお話を読めるのかもしれません。

 

しかし、途中からの陽葵ちゃんは『エロ可愛い』という表現がふさわしい子でしたね…!

 

エッチに興味津々、積極的。

 

それでいて身体は肉感的で表情も楽しそう。

 

こういう女の子の作品が好きな方、結構いるんじゃないでしょうか?

 

ちなみに私は女の子がハッピーな作品も大好きです(笑)

 

上記の通り、入口こそ凌辱ものですが、その後は和姦も和姦なので、

「凌辱ものが苦手だけど、チンジャオ娘さん作品に興味があった」

という方にはピッタリかも知れません。

 

お父さんが比較的良識人なのも、入り易いかも。

 

エッチで可愛い巨乳の女の子に迫られる作品が好きな方には、是非オススメです!

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

← 最新のネタバレを即座にお知らせ♥

-チンジャオ娘×小桜クマネコ 作品, 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品あらすじ無料試し読み , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.