チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品 日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第3話ネタバレ

更新日:

 

 

『日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~』をネタバレします♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

第3話 「やだ…こっち見ちゃダメっ」隣の布団で従弟に抱かれる姉の顔

 

まな姉

「ヒロくんのお口でイかされちゃった♥」

 

ヒロトとタケルは互いの従姉を口でイカせたのでした。

 

まな姉

「ねぇ…このままもっと――」

 

その先に行こうとしたその時でした。

 

「ただいま~4人共家にいるの?」

 

叔母達が帰宅したのです。

 

4人は慌てて服を整え、ティッシュを片付けるのでした。

 

こんなことが昼にあり、気まずくなった4人は終始無言で夕食も食べるのでした。

 

そして夜…。

 

4人は親のはからいで、3年前と同様、座敷で四人仲良く雑魚寝させられることになったのでした。

 

まな姉

「ねえ みんな起きとる?」

「前にお婆ちゃんに聞いたんやけど」

 

まな姉は夜這いの風習をみんなに教えたのでした。

 

そしてタケルが…。

 

タケル

「お オレもう…っ」

 

タケルはガバッとすず姉に覆い被さります。

 

すず姉

「タケくん!?ダメっこれ以上は遊びじゃ…」

「ちょっとヒロ…アンタも止めさせて!」

 

すず姉はヒロトに助けを求めますが、その先に興味のあるヒロトは見て見ぬふりをしたのでした。

 

タケル

「すず姉ぇ…!すず姉ぇ…!」

 

すず姉は手でなら…と言いますが、タケルは止まりません。

 

タケル

「いやだ!オレ…すず姉とヤリたい!」

 

すず姉

「…っ!ちょっと愛実!見てないで止めてよっ」

 

まな姉

「そんなこと言って鈴音ちゃんもちょっとは期待してたんやろ?」

 

すず姉を助けてくれる人はいなかったのでした。

 

―――ぐぐぐぐ ツプン

 

タケルはそのまますず姉の処女を奪ってしまいます。

 

タケル

「うわ…これ……すげえっ」

 

すず姉

「…ぁ…うそ……入って……っ」

 

そしてその様子を見ているヒロトも興奮するのでした。

 

―――ニュプヌプヌ゛プヌプ

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

タケル

「なんだ…これ…腰が勝手に動いて…止まんねぇ!」

 

まな姉

「タケちゃんワンコロみたいに腰動かしちゃって…そんな気持ちいいんやね涼音ちゃんのアソコ♥」

 

すす姉

「だめっ♥タケくんの…あ゛う♥お腹の…奥に♥ああん♥」

 

気持ちよさそうな声を出し始めるすず姉。

 

すず姉

「あっち向いて…!お姉ちゃんのこんな顔…あん♥見ないでぇ…んん♥」

 

すず姉はヒロトに見ない様に言いますが、ヒロトは食い入る様に見ていたのでした。

 

タケル

「ああっ…やべっ…出る!腰とまんねぇよぉ…!」

 

そして…。

 

―――ドピュ ドピュ

 

すず姉

「ぁ♥アアあああ…♥♥♥」

 

射●したタケルはすず姉の唇を求めます。

 

 

―――チュプ♥チュ♥レロレロ♥チュ♥

 

タケル

「すず姉…っすずねえっ」

 

すず姉

「タケ君…やめ…早く抜かないと…赤ちゃんが…っ」

 

~つづく~

 

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」第3話の感想

 

タケル君、遂にそこまでヤッちゃいましたね…!

 

まな姉にしてもそうですが、田舎側の子達の方が性に積極的ですね…!

 

厳密に言えばこれはレ○プだとは思うのですが、前回普通に互いに積極的に色々やっていたのと、そんなにすず姉が嫌がってる感じもないので、レ○プ感は薄いです。

 

レ○プが苦手な方でも問題なく見られると思いますね。

 

むしろ怖かったのはヒロト君のすず姉を見る目…(笑)

 

食い入る様な目でしたが、ちょっとホラー入ってました…(笑)

 

 

さて、今回はヒロト君暴走編。

 

となれば次回は…ですよね!

 

でも、まな姉、絶対積極的に来ますよね…(笑)

 

私超お気に入りのまな姉の初体験がどうなるか…次回が楽しみです!

 

 

 続きはコチラ  

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

-チンジャオ娘×達磨さん転んだ 作品, 日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

Copyright© チンジャオ娘ネタバレ天国:エロ漫画全作品あらすじ無料試し読み , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.